「初心者必見」難しい知識は不要!ギターピック選びが時短でできる簡単テクニック!!

ピックの写真 音楽

ギターは10年ぐらい弾いてます。

音楽は楽しむもので細かい理論とかにこだわらなくてもいいと思ってます

感じたままに音で表現するこれは理論だけでは難しい

音楽理論とか知ってないとヤバイかも・・・

こんな心配はいりません

海外のバンドは理論とかではなく「このフレーズはこうしたい」っていうのを人に伝えなければならない時は感覚で伝える人や理論をしっかり学んで伝える人がいます

音楽の取り組み方は人それぞれってことです

歌と同じようにその人にしか出せない演奏があります

なので芸術の分野ってもっと自由でいいと思います

知識なんてしるかーーー!!

な人にもわかるように解説します

音楽についてのプロフィールはこちら

ギターはちゃんと選ぶけどピックは適当に選ぶのはNG

ギターを選ぶ時ってレビューみたり楽器店の店員さんにアドバイスしてもらったりすると思います

だけど、案外ピックって誰かの意見を聞いて買うことってありますか?

私も始めたばかりの時はピックの重要さなんて知りもしませんでした

ピック選びを真剣にしてからは上達を実感しました

ピックなんて何でもいーじゃん!!って思ってる人は是非ご覧ください

ピック選びがなぜ重要なのか

バッキングパートだけ弾いているとピックの重要性ってあまり感じない

何でかっていうとバッキングはピッキングのテクニックが少ないから

基本的な練習クロマチックなどやソロパートの練習をしている時これに気付かないで練習を続けていても詰むという現象が起こる

そうなった場合、自分好みのピックが選べると案外細かいピッキングをした時に自分の本当に直すべき課題が見えてくる

これが上達のカギになるわけです!!

カギがないと扉は開かない

見つければ先に進めるってこと

そんなわけでピックの種類を紹介します

ピックの種類

色々説明されても使わなかったりするピックもあるので基本の3種類をご紹介します

トライアングル型

トライアングル型のピックの写真

ギブソン公式

このタイプから使う人が多い印象です

初心者セットに入ってるのもこれ!!

このタイプはバッキングメインの人向け

私が今トライアングル型のピックを使って弾いてって言われても拒否しますね

ティアドロップ型

ティアドロップ型のピックの写真

Ibanez公式

持ちやすいしバッキング、ソロ両方に対応できる

私としては初めて使うならトライアングル型よりこっちをおすすめします

なんでかっていうと、基本のクロマチックなどの練習にトライアングル型は不向きかなと思うからです

ピックの軌道の感覚をつかみやすいっていうのと、すこしピックがズレた時に修正が楽なんですよね

人によるかと思いますが、試してみればこの意味がわかると思います

ジャズ型

ジャズ型のピックの写真

JimDunlop公式

高度なピッキングに対応

高速なリフやソロが弾きやすい

ティアドロップ型よりもさらに小さいピックです

初心者にはバッキングパートが少し弾きずらいと感じるかもしれません

ピックが小さい分、指から出るピックの面積が小さくなります

そうなるとピックのズレが激しかったりする初心者には安定したピッキングをするのが難しい

本来、ピッキングを安定させる為に小指などをギターのボディにつけてピッキングをします

初心者にはここまでするのが簡単なことではないことが多いので、ピッキングに慣れが出てきてからの使用をおすすめします

以上この3種類を覚えておけば十分です

楽器店で買うのとネットで買うのには変動があるかもしれませんが、1枚100円前後なので1枚ずつ色々試してみましょう!!

ピックの厚みや素材で音が変わる

これって人によって感じ方が違うので一般的な説明って意外と不要だったりします

私は社会人になってからギターを始めましたが、そうなってくると時間をここで知識を入れ込むことに使うのは時間の消費に繋がります

なので手っ取り早い方法を伝授します!!

まず最初にやることは自分がどんな音を出したいのか、どんなジャンルの曲を弾きたいのかを明確にする

例としてハードなリフが弾きたい、重いサウンドがいいみたいな感じで軽く頭に入れておきます

先ほど紹介した3種類のピック3型を楽器店に行って購入

作りたい音をイメージしながら1枚ずつ選ぶ

選び方

  • 癒し系アコギでの弾き語りであればThin or Medium
  • ポップ寄りのロックであればMedium
  • ハードロック、メタル、速弾きであればHeavy

というように厚さを設定します

そしたら実際持ってみてしっくりくるもの、これなんか素材感違くね?って思ったものを買って試す

これはナイロンでー、これはウルテムでー・・・なんて知らんでも触ると何となくわかると思います

使ってみたいと思ったものは迷わず購入して試すことが人に教える時も役に立つし上達のカギになります

自分の好きなアーティストが使っているピックを調べて使ってみるのもいいですね

持ち方

ピックの持ち方はこんな風に指をおります

ピックの持ち方の写真

そしたらくの時に曲がっている第一関節部分にピックを乗せて挟むだけです

実際に持つとこうなる

ピックを持っている写真

ピッキングをする時滑るという人はこれ

ピックにも滑り止めが付いているものがあります

ピックが滑ることに悩んでいたら滑り止めが付いているものを選びましょう!!

私の一押しはこれ!!

JimDunlop JazzⅢ マックスグリップ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JIM DUNLOP MAXGRIP JAZZ III/RED ピック ×12枚
価格:1020円(税込、送料無料) (2021/11/5時点)

楽天で購入

一時期滑るしずれることにイラついてましたがこれは滑りません!!

ピックが楽しく弾いている時にすっ飛びませんよ

ですが、ピックを挟んでいる所がちょっと痛いです

今では滑り止めがないものでも滑ったりしないので、少しずれたら直す余裕が少しあるので合間を見て直しています

それまでは滑り止めが付いてるもので練習してました

こちらの記事ではJimDunlopのJazzⅢを比較しています!気になったら見てくださいねー(*^-^*)

まとめ

社会人になってから何かを始めると趣味にかけられる時間は限られてきます

そんな中でも時間をかけずにピックを選べる方法もあることを伝えたかったので書きました

私もその一人でギターに触れなかった時期もありましたが時間がないから諦めるという人が少しでも減ったらいいなと思います

自分で試して自分で選択する

何を始めるにも自分で行動を起こして実行したり試すという行動力が成功に繋がります

音で表現することを楽しみましょー!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました